RETRO少年の懐古録

ミステリー、ホラー、サイエンス、サスペンス、SF、怖い話……

語り

【岩男】ロックマン

ロックマン……私にとってのヒーローである。 一口にロックマンといっても、たくさんいるのだが、 私を引き付けたのは、まぎれもなく、ドット絵のロックマン ……いわゆる「岩男」である。 ロックマン1~6を始め、 ロックマン9、10… その他様々なファンメイド作…

【語り】コロナは地球の未来のために人を滅ぼしに来た。

※盲目の住職さんの語りです。 ―――――――――――――――――― コロナは人を滅ぼしに来た。 人間が生きるためには、海を超える必要も山を越える必要もない。 グローバル化なんぞせんかったら、コロナは蔓延しなかった。 豊かさを知らなかったら、人間は衰退しない。 人間…

「語り」タイムリープ

タイムリープしかけた経験があります。 タイムリープとは、説明するまでもないでしょうが、過去の自分に現在の自分の意識を飛ばすことです。 ○方法 ・過去を思い浮かべて、眠ります。 ・意識が飛んでいる状態です。 ・意識が、過去の情景へ飛び……その時空の…

【悲しい話】傷だらけの生徒

塾講師のバイトをしていた時の事…… 中学3年生の生徒を受け持った。 4月のことだった。 かなり、素行の悪い生徒で、学校をさぼったり、塾の宿題をすっぽかしてしまうという。 しかし、事情があった。 初対面の私は、なるべく彼を刺激しないよう、柔和に……しか…

【語り】英検1級大敗物語

実用英語技能検定……通称「英検」 時代はTOEICやTOEFLが主流かもしれないが、20~30代の方は、英検を受けたことがある人がほとんどなのではないだろうか… 中2で英検3級、高1の時、英検2級を取得した。 そして、高3の時に挑戦したのは、英検1級だった。 語学を…

【語り】漢検2級物語

いつも私を可愛がってくれた、親戚のじいさんがいた じいさんは、その老後を、自分を磨くことに費やした。70代になっても、80代になっても、将来の夢を熱く語る漢だった。 「わしは今、漢検1級を目指してるんだよ。わしらの若い頃にはなかったからね。」 85…

【語り】生まれて初めて書いた小説

私は、中学時代……かなり病んでいた。 世を恨み、人を否定し……自らを絶対的な存在だと勘違いしていた。 親に無理やり受けさせられた中学受験が、一時的に人格を狂わせたのだと思っている。 それはまた別の話…… 公立中学で、孤高の天才肌だった(と勘違いしてい…

【語り】生きるーRETRO少年の懐古録

「自殺」という行為…… 誰しも一度は考えたことがあるのかもしれない。 私もやった。 失敗した。 そのせいで、色々持っていかれた。 あまり詳しくは言いたくない。 お願いだ。察してくれ。 私は、動物たちのことを考える。「彼らは自殺をしないのか」……と。 …

【語り】物語について

僕は、物書きが好きだ。 得意ではないが、好きだ。 ・ノベルアップ+:作者情報 - RETRO少年の懐古録 - プロフィール | ノベルアップ+ ・アルファポリス:RETRO少年の懐古録のWebコンテンツ | アルファポリス - 電網浮遊都市 - ・エブリスタ:RETRO少年の懐…

【語り】物書きについて「RETRO少年の懐古録」

僕は、昔から物書きが好きだった。 「これを読んで感想文を書け」とか、「これについて論じろ」といった風に、指示されて書くものは好まなかったが、小学校高学年頃から、趣味の一環として、十数年、物語を作り、書き溜めていた。 その点では、僕は「自分の…

【語り】石地蔵に余命を宣告された話 RETRO少年の懐古録

これは、僕自身の話です。 出し渋ってましたが、逆にスッキリするかもしれないと思って、投下します。 小学1年の頃です。 ある日、お地蔵様が僕に言いました。 「君は、長くは生きられないよ」と…… 「どうして?」 お地蔵様は答えてくれませんでした。 小学3…