RETRO少年の懐古録

ミステリー、ホラー、サイエンス、サスペンス、SF、怖い話……

【怖い話】水路にいた怪物

f:id:RETRO777:20201130021816j:image

 恐らく幽霊ではないとは思うが、もし、この話に出てくるモノを見た、あるいは、情報を知っているという方がいたら、是非教えてほしい。

 私の生まれは、とある都市の郊外にある、田舎の里町である。

 中心部の都市化につれて、ポイ捨てが目立ったり、川がコンクリート漬けにされたりするなど、環境汚染もあったが、今なお、美しい自然が残る地域である。

 あれは、小学6年の夏のことだった。

  炎天下の中、私は、仲良しの友達と一緒に遊んでいた。

  とある水路に、カメがたくさんいるということで、カメすくいに出かけたのだった。

  その水路は、田んぼに水を引くためのもので、コンクリートで固められており、幅が1mほど、全長が30mほどあり、田んぼに沿って曲折していた。

  10mほどさかのぼったところで、水草の影に隠れていたカメを2匹捕まえた。

  どちらも、外来種ミドリガメであった。

  さらに少し進み、メダカや、牛蛙を目にして、引き返そうとした。

 その先は、草が生い茂り、通れないと判断したからである。

 また、徐々に水位も浅くなっていた。

  しかし、友達が「もうちょっと行ってみよ?」といったので、

  マムシやヤマカガシなどに注意しながら、持っていた網の柄で草をなぎ倒し、進んでいった。

  少し進んだところで、友達が立ち止まり、何かを見つめて言った。

  「あれ、何?」

  そこには、異様なモノがいた。

  生物には違いない。

  水路の底に積もった木の枝や、泥にまみれて、全体像は良く見えないが、何かがいるのは確認できた。

  とがった顔に、丸い、大きな目が二つ……

  濁った緑色の皮膚で、ゴツゴツしていた。。

  カメのような、蛙のような……

  鰐のようにも見えた。

  見えている部分から推定するに、全身は60㎝ほどだろうか。

  ……でかい。

 持っている網に入り切る大きさではなかった。

  何より、得体の知れないものを前に、動揺して、網を構えるどころではなかった。

 

 あたりに、カメムシが出すような異臭が漂いはじめた。

 もしかしたら、ソレが放っていたのかもしれない。

 私も友達も、金縛りにあったように動けなくなった。

 「何だろう?あれ……」

 かろうじて動いた口で、私は友達にそういった。

 刹那!

 ―バシャッ!!!

  ソレが、泥埃を巻き上げ、物凄い速さで下って行ってしまった。

  残念ながら、濁った水のせいで、ソレの全体像は確認できなかった。

  ヒレがあったのか、それとも足があったのか……

 甲羅はあったのか……

 尻尾はあったのか……

  しかし、ヤツが動き出す瞬間、私と友達は見てしまった。

  逃げる直前、奴は口を開いた。

  地球上にいる、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、ほ乳類……

 殆どの生物の口は、上あごと下あごを備えており、上下に開くのが普通だろう。

  しかし、ヤツの口は、クワガタのツノのように、左右に開いたのである。

 一瞬のことだったが、その口には、雷魚のように、とがった牙が生えていたように見えた。

  あれから何年もたつが、その生物の情報はないし、見たこともない。

  この話を人にすると「カミツキガメじゃね?」「スッポンじゃね?」という意見が目立つ。

 確かに、大きさで見れば、カミツキガメの可能性もあるが、甲羅に当たるものは見られなかったし、何より目のつき方が異なっていた。

  目のつき方で言えば、スッポンが近いかもしれない。種類にもよるが、60㎝に達する個体もいると聞く。左右に開いた口と、キバのことを考えなければ、スッポンかもしれないと思うが、いざ本物のスッポンを見たときに、私も友達もしっくりこない。顔と、目が小さすぎるのである。また、誰かが逃がした可能性を除けば、そもそも私の地元はスッポンの生息地ではないのである。

 奇形、突然変異、新種……いろいろ考えられるが未だにヤツの正体は分からない。

  捕まえられなかったことを後悔はしていない。

 むしろ安堵している。

 今でも、地元に帰って、その友達に会うたびに「何だったんだろうね?アレ」という話をする。