RETRO少年の懐古録

ミステリー、ホラー、サイエンス、サスペンス、SF、怖い話……

【怖い話】謎の獣

f:id:RETRO777:20201130021746j:image 

 私は、どちらかというと肝の据わった方だと思っている。

  中高生のころから、夜中の散歩を趣味とし、田舎の夜道を1時間ほど、星の光や、月の光のみを頼りに、懐中電灯なしで歩き回っていた。今思い返すと、イタい。

 心霊スポットなんぞ何回も行ったが、一度も幽霊を目にしたことはない。

 そもそも存在を信じていない。

  TV、インターネット、本で、恐怖映像やUMA映像、心霊写真などもよく見ていたが、どれもフェイクにしか見えなかった。

 わざとらしくおびえるタレントやアイドルを、鼻で笑っていたものだ。

 怖い話なども聞くが、いるのかいないのかもはっきりしない幽霊というものを、視えるという前提で話を進める噺家の方を見ると、正直アホらしさを覚える。

 しかし、現実主義にして科学派の私も、「水路の怪物」のように、得体の知れないものを見たことがある。

 ここに記す話は「水路の怪物」と似た内容になるが、私が、実際に経験した話である。

 それでは始める。

 

 私が高校2年の時の、秋のことだった。

 その日は、天気が悪かった。

 朝から雨がザーザー降っていた。

 まだ夏の暑さも残っており、じめじめとした不快な日だったのを覚えている。

  

 しかし、日が沈むと一転、雨はやみ、心地よい風が吹いてきた。

  「道路は湿っているとはいえ、今夜は散歩日和だ」

 そう感じた私は、夜の田舎道を歩き出した。

 何故だかわからないが、その日は、なんとなく懐中電灯を持って行ったのだった。

 

 満天の星空に、月が輝いていた。月の光で、影ができるほど明るい夜だった。

 突然歩いてきた人間に驚いたのか、バシャッと魚がはねた。

 水音から察するに、大きな魚だった。恐らく鯉だろう。

 

 突然のことで、さすがの私もビビった。

 

 明るいとは言え、夜は夜……

 昼間ほどものが見えやすくない。

 少々神経が高ぶっており、少々の物音にも、体が反応してしまう。

 

 続いて、ウシガエルが、「キュッ!!!」と鳴いた末に、バシャッと飛び込み、再びビビった。

 

 もう川に近づくのはやめようと、私は森の方へ向かった。

 ―ガサガサガサッ!

 何かが茂みにいる。

 大きい。

 懐中電灯をつけると、目が反射した。

 

 「ニャーン」

 猫だった。

 

 丸々とした白黒の、しっぽ曲がりの猫がいた。

 

 ここは、住宅地から離れた場所なのに、人に慣れており、おまけに肥えている。

 農家の人に餌付けでもされているのかもしれない。

 

 猫は、私についてきた。 

 ジブリ映画「猫の恩返し」「耳をすませば」に出てくる、ムーンを白黒にしたような雰囲気の猫だった。

 しばらく進んで、森に差し掛かった時、猫が止まり、うめき声を上げた。

 「フゥウウウウ……」

 「どうしたの?ムーン?」

 私は猫を撫でた。

 尻尾の毛が逆立っている…

 その時…

 ―ガサ…ガサガサガサッ!!!

 茂みから何かが出てきて、またまた私はビビった。

 

 すかさず懐中電灯で照らす。

 出てきたものを見て、私も硬直し、身の毛が逆立ってしまった。

 大きさは猫ほどだが、猫ではない。

 タヌキでもない。

 イタチでもない。

 アライグマとも違う。

 その動物は、どう見てもレッサーパンダにしか見えなかった。

 

 何故、レッサーパンダがここに?

 どこからか逃げてきたのか?

 誰かがペットで飼ってたのか?

 ……

 

 実際、日常生活において、いきなりレッサーパンダと出くわそうものなら、そんな疑問を持つに違いない。

 しかし、当時の私には、そんな疑問を感じている余裕はなかった。

 

 ……何故かというと……

 そのレッサーパンダには、脚が6本あったのである。

 

 「2匹が連れだってそう見えたんじゃないの?」「子供でもいたんじゃないの?」

 

 みんなはそういうが、違う。

 懐中電灯で見ながら確認したのである。

 あの足は、明らかに一つの身体から生えていた。

 

 6本脚のレッサーパンダ……

 奴は、こちらを一瞥した末、ゆっくりと反対側の茂みに潜っていった。

 

 未だに何だったのか分からないが、ムーンのおびえ方が異常だったのは、不気味だった。

 

 科学がどれだけ進もうと……自然の真理を解き明かすことはできない…

 それ以来、夜中に散歩をするときには、必ず懐中電灯を持っていくようになった。

  

 余談になるが、それから、何度かムーンとあい、一緒に散歩した。

 最後に別れてから、もう10年以上経っている。

 

 恐らくはもうこの世の猫ではないのだろうが…

 もしあっちの世界でまた会えたら、私はきっとムーンに「あいつ、何だったんだろうね?」というだろう。