RETRO少年の懐古録

ミステリー、ホラー、サイエンス、サスペンス、SF、怖い話……

【怖い話】あかいしぇん

f:id:RETRO777:20201201221716j:plain


 何のことはない日常の出来事が、時に怪談話に発展することもある。

 今回のことも、他愛ない日常の出来事にほかならないのだが、やっぱり、僕としては怖かった。

 今回とはいっても、内容はかなり昔の話である。

 

 家に、お客様がやってきた。

 遠い親戚の親子三人である。

 

 子供は、2歳になって日が浅いが、もう言葉をしゃべる。

 僕は、確か小学校低学年だった。

 幼くはなかったが、子供の部類だったため、2歳の子と遊んでいた。

 

 帰りがけ……

 その子が駄々をこねた。

 「やーや!やーや!……」

 「帰りたくない……!」と喚いているのである。

 

 だが、その子は、僕の顔を指さし、一言……

 「あかいしぇん!!!」と叫んだ。

 

 「「はいはい、またねー」」

 半ば強引に帰らせた。

 

 それが、5月のGWのこと……

 

 「あかいしぇん……」

 「赤い線」と言っていたのか、「赤井さん」と言っていたのか……

 ちなみに僕は「赤井さん」ではない。

 気にはなったが、しばらくすると忘れてしまった。

 

 その年の8月のこと……

 僕は友達とクワガタを採りに行った。

 カナブンしか採れず……疲れてベンチに腰掛けた時……

 「おい!!おい!!!」

 友人が僕の手を見て、慌てふためいた。

 「うわっ!」

 

 黒いクモがいた。

 しかも、ただのクモではない。

 かの有名な、セアカゴケグモだった。

  反射的に振り払ったおかげで問題なかったが……

 

 それから暫く……というより6年も経ったある日……

 「あかいしぇん……って赤い線のことで、セアカゴケグモのことを言っていたんじゃないか?」と思い立った。

 

 しかし、本人に聞いてもそんなこと覚えていないだろう。

 だが、気になった僕は、両親に尋ねた。

 

 「あの人たちって誰だったの?」

 心当たりが多すぎたようだが、いつ訪ねてきたかを述べると、誰だかは分かったようである。

 しかし、父と母は、しばし戸惑ったのち……口を開いた。

 

 「あの子ね……○○さんとこの子なんだけど……実はね、2年前に亡くなっちゃったの……交通事故でね……可哀想に……」

 「…………」

 

 結局……「あかいしぇん」の意味は分からないままなのである。