RETRO少年の懐古録

ミステリー、ホラー、サイエンス、サスペンス、SF、怖い話……

【怖い話】昨日の夜……

これは、つい、昨日の夜(2021/1/28~2021/1/29)に起こったこと……

 

昨晩12時に、寝床に入った。

 

だが、日中遭ったトラブルを思い出し、むしゃくしゃしてしまった私は、

それから12時~3時までもの間、眠りにつけなかったのである。

 

「くそっ!」

 

イライラした私は、外へ出ようと思った。

満天の星空……だったらよかったが、一面の曇り空……

まるで、水で割られた牛乳のよう……

 

しかし、時に、雲の向こうで流星が垣間見えることもある。

雲に隠れているだけで、星空には変わりないのである。

 

私は靴をはき、外へ出て歩いた。

一面の田園地帯。

午後に雨が降っていたため、所々で霧が立ち、まるで幽霊のようにも見える。

 

1時間ほど……独り言を言いながら歩いた。

高校時代、仲間と作った劇の長台詞を復唱したり、自問自答してみたり、TEDのプレゼンターみたいに英語で、または日本語で喋ってみたり、観客どころか、誰もいないため、充実した散歩になった。

 

傍から見たら変な人だが、傍から見る人がいなければ、変な人だっていい。

時刻は午後4時。そして真冬の田舎……

誰もいない。

 

だが……湖の近くにある小さな坂を上り始めた時……

「あれ?」

 

何かがおかしい……

 

歩いていない。歩かされている……

何かに憑りつかれてしまっているんだろうか……

頭の中に、文章も出てこなくなった。

「手足が勝手に動いている」

そんな感覚だった。

 

体重をかけても、力を抜いても、脚も手の振りも止まらない。

「あれ~?」

 

坂を登り切ると、そこに、街灯……

80年代のSFアニメのような雰囲気の漂う風景だった。

 

(こんなところに街灯なんてあったっけ……)

 

そこで意識が飛び!!!

自室のベッドの上にいた。

時刻は4:30……

「あれ?寝てただけ?夢?」

 

しかし、上着を着たまま眠っている。

しまっていたはずの靴も、外へ出ていた。

 

寝ぼけていただけだろうか?

夢中遊行、夢遊歩行でもしてしまったのだろうか?

 

しかし、今日行ってみたら、そんなところに街灯は無かった。

「私……どうしちゃったんだろう……?」

 

ストレス性の何かかもしれませんが……気楽に生きましょう。