RETRO少年の懐古録

ミステリー、ホラー、サイエンス、サスペンス、SF、怖い話……

【未解決事件】ラトクリフ街道殺人事件

f:id:RETRO777:20210205114042j:plain

【未解決事件】ラトクリフ街道殺人事件

 

〇概要(Wikipediaより引用)

 「1811年12月にイギリス・ロンドンの幹線道路であるラトクリフ街道で起きた連続殺人事件。2家族計7人が惨殺され、当時のロンドン市民を恐怖に陥れ、19世紀のイギリスでは切り裂きジャックと並んで残虐と非道を象徴する事件とされた。事件発生の同月に犯人が断定され、間もなくその者が自殺したことで事件は一応終息したが、後には当時の警察捜査の杜撰さが指摘されたことで、この犯人断定には疑問がもたれており、より近代的な警察組織の必要が論じられる契機にもなった。」

 

□第一の事件

〇発生年月:1811年12月7日夜中:約20分の間

〇現場:ラトクリフ街道(英国, ロンドン)の洋品店

〇被害者

洋品店の店主夫婦:頭部を叩き潰される。

・その店主の息子(生後3か月): 顔面が潰された末、首から胴に裂傷

・店員の少年:頭部を叩き潰される。

〇凶器:大きな鑿、槌などの工具類

〇証言、手がかり:

・店の裏に二組の足跡

・男がうろついていたという証言

 

□第二の事件

〇発生年月:1811年12月19日夜中

〇現場:ラトクリフ街道(英国, ロンドン)の酒場(件の洋品店の近く)

〇被害者

洋品店の店主夫婦:頭部を叩き潰される。

・店員の少女:頭部を叩き潰され、首と胴がほぼ切り離されていた。

・(同居していた14歳の孫娘はかろうじて被害を逃れている)

〇凶器:大きな鑿、槌などの工具類

〇証言、手がかり:

・犯人は身長180㎝程

・足の不自由そうな男。

 

□犯人

ジョン・ウィリアムズ(John Williams):27歳の船員が23日に尋問を受ける。

・最初の事件現場である洋品店の店主とともに船に乗った経験がある。

・二件目の現場である酒場を訪れたこともある。

・二件目の事件の夜には、当時泊っていた宿から外出しており、帰宅時には外出前よりも多くの金を持っていた。

・ウィリアムズは容疑を否認したが、事件後に彼の服に血痕があった。

 

〇容疑者?の自殺

・同月27日、ウィリアムズは独房で首を吊って自殺。

周囲は彼が罪を認めたと解釈し、これにより本事件はウィリアムズの単独犯として終息した。

・同月31日、彼の遺体は凶器の工具類とともに荷馬車に乗せられて街中を引き回され、1万人もの群衆たちの前に晒し者にされた末、穴の中へ放り込まれ、心臓に杭を打ちこまれた。

 

〇補足

・そもそも犯人だと断定されていない。ウィリアムズの自殺の動機も不明。尋問による可能性もある。

・ラトクリフ街道付近では、水夫、労働者など、様々な外国人が往来していたことから、何の根拠もなしにアイルランド人、ユダヤ人、中国人等が疑われた。

・ウィリアムズについて、調書に「背の低い足の不自由なアイルランド人」と記述されていたが、彼はスコットランド人であり、『タイムズ』紙の報道によれば足の不自由もなかったとされ、証言、痕跡と食い違う点がある。

1810年代当時のイギリスの警察事情は、非常に杜撰なもので、ウィリアムズの拘置に至るまでは、噂話だけを鵜呑みにして、外国人、そして泥酔者、精神疾患者たち数十人が拘置されたという。

・ウィリアムズの拘置以後、捜査はされていない。

・仮にウィリアムズが真犯人であったとしても、また物証である工具類は重く、1人でそれらを運んで店内に侵入することは無理があり、単独犯行は困難とも考えられている。

 

〇社説

警察と時代背景が酷かった。

何がどこまで真実なのかは分からないが、ウィリアムズが真犯人といえる証拠もいえない証拠もはっきりしていないにも関わらず、容疑者と断定している。

仮に、暴力的な尋問の末、殺してしまった警察官が、自殺に仕立て上げたのならば、あまりにも恐ろしすぎる。

彼含め、殺された8人の冥福を祈りたい。