RETRO少年の懐古録

ミステリー、ホラー、サイエンス、サスペンス、SF、怖い話……

【写真】樹の死体

ふと歩いた、散歩道のすぐ隣……

立ったまま、死に至っている木を見つけた。

f:id:RETRO777:20210216000714j:plain

道路のそばに、ぽつりと一本……

まるで、焼いた後の骨みたいだと感じた。

 

樹種は分からない。

だが恐らく、元々は青々と茂っていた樹なのではないだろうか。

仲間もたくさんいたことと思う。

 

地形から言って、車の排気ガス等、人為的な何かによって、枯れてしまったのだろう。

 

植物には、感情があるという話を聞いたことがある。

心地よい音楽を聞かせるとよく育つ、悪口をいうと育ちが悪くなる、という研究結果もある。

まるで人間のようだ。

 

立ったまま亡くなったこの木は……仲間を失ってから、どんな気持ちで、変わらない空間を眺めていたのだろうか……?

 

彼は、誰にも聞こえない、誰にも判読できない言語で、一体どんな信号を外部に発信していたのだろうか。

恐らく、怨恨に満ち満ちたものではなかったか……

想像が怖い。

その内、植物が化けて出てくるんじゃないかと。

 

 

 

人間は、他人は思いやれても、他生物まで思いやれていない。