RETRO少年の懐古録

ミステリー、ホラー、サイエンス、サスペンス、SF、怖い話……

【怖い話】真冬のプール

 

f:id:RETRO777:20210217220718j:plain

 隣町の小学校の話……

 幼馴染のケンジ(実名)は、水泳スクールで知り合った友人だった。

 ケンジの小学校では、真冬、外のプールが厳重に封じられるという。

 

 どこの学校でもそうだろう。真冬どころか、シーズン以外はプールを立入禁止にするはずだ。

 だが、隣町の小学校は事情が違った。

 

 真冬になると、絶対に誰も入らないよう、休み時間に見張りの先生が立つのである。

 それだけではない。

 シートを被せ、プールの中を見えなくしてしまう。

 ゴミが入らないようにするためだろうか。しかし、何故真冬だけに……?

 

 それに、どうせシーズン前にプール掃除を児童がやるのであるから、意味がない。

 一体、真冬、シートの下で何が起こっているのだろうか。

 

 ケンジは言った。

 「ずっと前、真冬に、あのプールに人が落ちて、心臓発作で亡くなったんだって」

 

 「真実は分からないけど、いじめがあって、プールに落とされたらしい。真冬になると、その子の霊が現れるとか……」

 

 ただの噂話である。

 しかし、学校側の奇妙な対応は、いかがなものか……

 

 その後、ケンジと同じ学校に通っていた、別の友人から話を聞くことが出来た。

 「ああ、霊ってのは噂だけど……俺、真冬にあのプールを見たことがあるよ……あのね……」

 

 神妙な顔をして言った。

 

 「夕日が反射して見えなかったけど、何かが泳いでた。波紋があったんだよ。あの大きさだと、2mぐらいは無いとおかしいね……間違いなく人間じゃない。外来種の養殖でもやってたのかね……」

 

 その小学校は廃校となってしまったが、まだプールはそこにある。

 今でも、異変はあるのだろうか?

 

 しかし、そもそも、水がない。

 浅く、雨水がたまっているだけである。

 当時、何があったのか……

 

 今では掴む術がない。