RETRO少年の懐古録

One of the Social Cleaner Agent

【語り】巴マミさんに関するちょっと悲しい体験談

画像引用元(https://w.atwiki.jp/niconicomugen/pages/6435.html)


巴マミさんをご存知だろうか?

魔法少女まどか☆マギカ」に登場する、先輩魔法少女である。

「童顔巨乳」の先駆者と言った方が分かりやすいだろうか?

 

私は、まどマギに興味はなかった。

というより、知らなかった。

 

少し、話はそれる。

 

私は、小学高学年の時に、気仙沼市に旅行に行って、両親に内緒でこっそり街を散策したことがある。

自分でもなんでそんなことをしたのか分からない。

 

そして、迷った。

ホテルへの帰り方が分からない。

 

その時……

「どうしたの?」

 

巨乳のお姉さんが話しかけてきた。

「すみません。迷子になっちゃって」

お姉さんは「こっちこっち」と私を連れて行った。

「あそこよ、あそこがあなたの泊まってるホテルよ」

何故かそのお姉さんは断定口調だった。

「あ、ありがとうございます、すみません」

 

確かにそのお姉さんの言う通りだった。

私は部屋に帰れたのである。

 

それからしばらくして、私は「まどマギ」を知る。

 

「あれ?このマミって人……」

 

アニメと実写の違いはあるが、私は、あのお姉さんの面影に「巴マミ」を垣間見た。

服装は白い薄手の服だったが、金髪をカールした髪型は、あまりにも似通っていた。

 

あのお姉さんが、巴マミのファンで、寄せていただけだと思うのだが。

 

 

それから数年後、気仙沼市を、東日本大震災に伴う大津波が襲った。

「マミ似のお姉さん」……生きているのだろうか……

これと言って理由は無いが、生きている気がしないのである……

 

それ以来、Youtubeの動画や、広告などで巴マミを見かけるたびに、何だか泣きたくなってしまう。

 

しかし最近、Netflixまどマギ本編を見た時、3話目で泣いた。
理由は単純、マミったからである。

 

あまりのショックで4話以降は見ていない……

www.youtube.com