RETRO少年の懐古録

One of the Social Cleaner Agent

【怖い話名作選】最初で最後の魚(感想付き)

海には皆さんも御存知の通り、妙な生き物が沢山いるみたいですが、

その中の一つにであったという、父の話を一つ・・・

 

「ようけ魚見てきたけど、いろんな海にはもっと凄いのがおるだらぁなあ。多分まだ100分の1も見てないけん」

と、苦虫を噛み潰したような顔をする父。

これは父が、自分が出会った最初で最後の魚(?)の話。

 

ある年のお盆も過ぎた頃、父と父の友人はイカ釣りに出かけました。

(もうこの頃は、同じ時刻に毎日行きます。だいたい夕暮れ前に出て、10時前後に戻ってくる)

 

その日、父はいつもより早く帰ってきました。

どれ位釣れたのかと見てみると、なんとゼロ。

大漁の時は、他の同じ規模の船の倍、他の船が水揚げがナシでも、何かしらの成果で帰ってくる、

地元でその道の人の中では有名な父です。

はっきり言ってあり得ません。

私は何かがあったのだと思いました。(船のトラブル?海が時化てきた?・・・)

 

すると父は、コップに冷や酒を注ぎながら語りだしたのです。

 

その日はとても良い凪ぎで、外海にでてもあまり波も無かったそうです。

イカ釣りは、仕掛けと明かりが命だといいます。

船の照明をこうこうと焚き、その光に海中の虫や小魚が集まり、それらにイカが・・・と。

 

そしていつものように明かりを焚き、いつものようにいろんな物が集まって来たので、

頃合をみて仕掛けを下ろしました。

その時、友人が何かを発見して父を呼んだそうです。

まだ何メートルか下にいるそれを、父と友人は暫く眺めていました。

『それ』は暫く時間をかけて、ふわ~っと海面近くまで上がってきて、

やっとその姿らしき物がハッキリしてきました。

 

皆さんは、カワハギという魚を御存知でしょうか?なかなかユニークで顔はかなりマヌケです。

そしてこの魚は釣り上げると分かるんですが、「ブィ、ブィ」というような鳴き声を発します。

 

『それ』は、そのカワハギを真横にしたような姿で、目もおかしな位置に付いているのが見てとれます。

(ヒラメやカレイのような位置ではなく、ちゃんと両サイドに付いている)

そして『それ』等は四匹で、一匹を先頭に綺麗なひし形の群を成していました。

一匹の全長は40cm位でしょうか。

見たことないなぁ。気持ちわりぃ。

と思いながらも、父は自分の興味を抑えきれず、タモを持ち出しその中の一匹をすくいあげました。

『それ』はあっさり引き上げられ、船の上にほおりだすと、

「ギギギィィィ!!」と、今までに聞いたことも無い声で鳴いています。

それもかなりデカイ。もう絶叫といっていい程の声で。

 

父はその魚をジィーーーっと見てみました。

『それ』には瞼も付いていました。二・三度瞬きらしきものをしたかと思うと、

父はおもいっきり・・・ニラまれたそうです。

その時父は何故か直感で、「もう一匹おる」と思ったそうです。

その瞬間、船が凄い横波をくらい、ほぼ真横に90°近く一回傾きました。

父は「これはヤバいもんだ!」と感じ、急いで『それ』を海に放ちました。

 

凄い横波は、一度でおさまっていました。

父は一息つき、船の周りの様子を調べ始めました。

おかしいのです。

さっきの魚(?)はおろか、先ほどまでいた虫やら小魚すら一匹もいません。そして海が不自然に暗いのです。

父は悟りました。

今、船の下には、船より大きな何かがいると。

海でパニクると、大変な事になるのを知っている父は、

まだ何も気付いていない友人にそれを悟られぬよう、船の中央近くによび、

「変なもんみたけん、ちょっと酒でも飲むか」と、しばしの酒盛りを始めたそうです。

 

そしてしばらくすると、また虫や小魚が集まり始めたのがわかり、

その後しばらく釣りをしたもののアタリもなく、父と友人は早めに帰ったとのことでした。

 

「まぁ、あんなもんもおるわな」と、父は酒を片手に笑っていました。

 

そんな父の夢は、この歳で口にする言葉じゃないんですが、『シー・ハンター』です(ワラ

(何処で覚えてきたのか、それ以来「カッコイイ」と連発している)

 

〇感想

板子一枚下は地獄とはよく言ったものです。

ある意味海怖……海って地獄に近しいです。

荒神か何かの類でしょうか.....それとも海の物の怪か……

捕まえてたらどうなってたんでしょうか