RETRO少年の懐古録

ミステリー、ホラー、サイエンス、サスペンス、SF、怖い話……

【新版】タイムリープのやり方

最近タイムリープ研究に勤しんでます、RETROです。

以前にもっともらしくタイムリープのやり方を紹介したんですが、ソースがTwitterで信憑性に欠けるため、新版を製作したいと思います。

retro777.hatenablog.com

ネット上の知恵袋だったりその他の回答サービスだったりを見ると「タイムリープの方法を教えてくれ」っていう質問で溢れているんですよね。

そんな彼ら質問者に対し、知識も信用も礼儀もない「教えてあげる君」共がもっともらしく信憑性のない持論を展開するっていう地獄絵図が発生しています。

中には、根拠もないくせに「出来ない」とかいう夢のない人たちまで……

 

タイムリープの方法って既に確立されていると思うんですよね。

誰にでも、いつでも、どこでもできるやり方があります。

 

ただ、タイムリープができやすい人と、できにくい人とで個人差があり……

できやすい時期とできにくい時期があり……

やりやすい場所とやりにくい場所があるんです。

 

――― ――― ―――

では早速方法を説明します。

 

時間帯は真夜中……

場所は真っ暗な部屋で、尚且つ人工音の聞こえない部屋がいいです。

眼を瞑り、自身の呼吸音に集中しながら、過去の情景を想像します。

しばらくやっていると.......昔の光が見えてきて、昔の音響が聞こえてきて、昔の感触が感じられて、昔の味がして、昔の匂いがします。

目を開けると、そこが過去です。

――― ――― ―――

 

明晰夢を使うか使わないかの違いで、やっていることは同じだと考えます。

これで自分は、過去に行きかけました。

過去の音響が聞こえてくるところで、集中力が途切れ、いけませんでした。

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感を、過去に移動させるイメージです。

練習を繰り返せば、恐らくこの方法で行けると考えていますが、先述した通り、時期や場所などの条件も不確定なため、いける保証はありません。

 

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる。

根気よくやりましょう!