RETRO少年の懐古録

ミステリー、ホラー、サイエンス、サスペンス、SF、怖い話……

【SF世界】SG(Stardust Gungs)

○SG

マーズ 恐鏡:恐怖による戦意喪失

SGの総統。男。元SW-0の実力者。能力「恐鏡」は、敵が最も恐怖を感じるモノをフラッシュバックさせ、戦意を喪失させる能力。その力に加え、驚異的な基本戦闘能力が彼を宇宙トップクラスの戦士に押し上げた。

一度地球を訪れた際に、模倣獣イミーと対峙している。そのイミーが恐鏡をコピーし、のちの戦慄ノ獣となったのではないかと推察されている。

 

サターン 氷兵:氷を操る

SGの副総統。冷酷非道にして、人殺しのスペシャリスト。能力「氷兵」は物体を凍らせる氷結能力。周りに氷の兵を築き上げ、無敵のフォーメーションを形作っている。そのため、無尽蔵に作り上げられる氷兵を倒しきれず、彼を目にする前に敗れる者が多い。

 

クロマド

知性を持った、全身黒色の謎の生命体。正体不明。マーズの腹心の側近。

人型の身体は不定形で伸縮自在。硬化柔化も自由自在である。

SG討伐時にシンジに敗れ、宇宙深山の特殊監房に幽閉されていたが、体内に爆弾を持ち込んで監房を爆破し、逃走した。

それからSGの残党や、手練れの怪戦士、犯罪者をかき集め、SWに報復を図った。

 

○SG四天王

ジェットマン 元素変換:元素を組み替える

宇宙最悪の犯罪者。キオラ星出身。元は全宇宙統一大会でキオラ星代表になるほどの実力者だった。しかし、大会決勝の際、バトルドーム内で核爆発を起こし、多くの強者や観客を葬る、歴史上最悪クラスの事件を起こす。

荒野惑星ニュートンでキルに敗れ、宇宙深山の刑務所に幽閉されていた。

能力「元素変換」は、自らの身体や、触れたモノの組成を自由に組み替える力。

 

フレア 火砕流:マグマを操る

SG四天王の1人。火山惑星ペガシスで産まれた生命体。マグマを操る。1人で何個もの惑星を滅ぼしてきた。SG最強の怪物と呼ばれる。

 

マジシャン

男。魔術、幻術、占星術の聖地である不思議の星、惑星トラボロで最強と謳われていた実力者。占星城にて、水晶玉を見ていた際に突然気が狂い、何十人もの部下を殺して逃走。全星指名手配となっていた。彼が水晶玉で一体何を見たのか、今では突き止める術がない。

 

クロス 魔剣士:呪われた剣と剣術

SG四天王の1人。出身惑星、経歴不明。さらに性別不詳だが、男剣士の可能性が高い。どこの星の流派にも属さない、独自の剣術を使用する。剣にまとわせる念力には、並々ならぬ異空の殺気がこもっている。そのような理由から、異世界からやってきた剣士では?との噂が絶えない。同じくSG四天王で、自然災害のような攻撃力、高火力を誇るフレアを凌ぎ、SG四天王でも1番の実力者ではないかという声も上がる。

 

○八大神官

 

○その他

ドラゴノイド

 

キラーマン

打倒シンジのために捜査官として地球に送り込まれた怪戦士。

残忍な性格。首狩りの異名を取り、被害者は必ず首を切断されている。地球の戦士を何十人と殺した。

金属さえも容易く切り裂く宇宙刀を扱う。

本部精鋭戦士のフェローズに敗れた。

 

カマキリ

男戦士。