RETRO少年の懐古録

ミステリー、ホラー、サイエンス、サスペンス、SF、怖い話……

【SF世界】秘密結社「ネバーエンディング」南カスト支社

○秘密結社「ネバーエンディング」南カスト支社

ジャック

ネバーエンディング社でもひときわ悪名の高い殺し屋である。元戦士連合本部精鋭戦士という経歴を持つ。戦士職よりも金になる仕事があると誘われ、怪戦士職と兼任していたが、闇営業がばれ、逃走している。第0級の怪戦士。


ノエル

野生戦士。元北方支部精鋭戦士として名を馳せた。精鋭戦士として金をため、余生のため一度はその職を退いているが、麻薬に手を出した。公には、彼の闇落ちは知られていない。

 

バルモン

ラヴェル軍で戦士の職に就き、精鋭戦士として知られるほどの男であったが、そのつてを使い、合成獣、怪物の養殖に手を出している。ノエル同様、闇落ちは知られていない。

 

グロッグ

怪戦士。元々は、怪戦士集団「ウォーリー」から、精鋭部隊「ライト」に忍び込んだスパイであった。戦士ロッジの慧眼により、その嘘が見抜かれ、闇に逃亡していた。危険度MAXの第0級怪戦士。

 

ハザード

怪戦士。殺し、麻薬、臓器売買などを主な資金源としている世界最悪のサイコ集団「銀猟団」に所属し、元々は、銀猟団12親衛の一角を担っていた。その能力「毒斧」は、両腕から鋭利な刃を出し、敵を切り裂く能力。元々は刃だけだったが、今では毒化により、毒を纏わせることが出来る。第0級の怪戦士。