RETRO少年の懐古録

ミステリー、ホラー、サイエンス、サスペンス、SF、怖い話……

【SF世界】BW(Black Windows):SGの残党+新入怪戦士(クロマドの逆襲)

○BW(Black Windows):クロマド逆襲部隊

SGの統率を図るSG本部基地「要塞城」が陥落したのをきっかけに、SWへの報復を画策した部隊。

脱獄した「クロマド」撤退した「ブレイブ」を筆頭に、SGの残党達によって構成される。

 

クロマド

BWリーダー。

 

ブレイブ

BW副リーダー。呼吸をするように人を殺せる、暴君フレアに付き従ってきた唯一の部下。フレアがカミナに敗れた際に逃走していた。四天王並みに強く、マーズにも認められた存在。

クロマドと結託して、副ボスとしてSG残党を率いている。

能力「炎弾」は、火炎を纏ったエネルギー体を雨のように降らせる能力。

一度地球に来た際に、能力の似通った、南方支部最強の女シグレと対峙しており、その決着はついていない。決闘の際には雨が降っており、ブレイブにとって不利な状況であった。にも関わらず決着がつかなかったことから、シグレよりも格上の可能性が高い。

 

○残党二大怪戦士

昔、SGには二つの巨大な派閥があり、内部抗争を繰り返していた。レアル派と、ギロチン派である。屈強な怪戦士レアルとギロチンは、同じ組織に籍を置きながらも、互いを目の敵にし、いつも火花を散らしていたのである。

ある日、ある惑星で、一つの都を潰すほどに巨大な抗争が勃発……レアルVSギロチンの直接勝負だった。

止むなく、SGトップのマーズが腰を上げるまでの騒ぎになったのである。

その後も、四天王に下剋上を挑んだり、SWの戦士基地を襲ったり、2人の周りにはトラブルが絶えなかった。

双方その実力は高く、四天王に通づると言われるほど強い。

 

レアル

男怪戦士。

 

ギロチン

男怪戦士。

 

 

○宇宙深山壊獄部隊

SGのトップ「マーズ」と、囚われた幹部、凶悪怪戦士達を救い出すべく結成された部隊。

SW-1のエース「ミル・ソドム」の機転によって襲撃は失敗し、逆に全員が捕らえられた。