RETRO少年の懐古録

ミステリー、ホラー、サイエンス、サスペンス、SF、怖い話……

【フォークロア】こういうロアめっちゃ好きなんやが その8

309: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)17:32:40 id:M8M

信じようと信じまいとー

 

今では東京に限らず都会に我が物顔で君臨するカラス達、一日たりとも目にしない日はない

だがしかし、彼らの死骸を見た事があるだろうか?各自で思い出してもらいたい、あんなにいるのに

では何故見ないのか?彼らのような野生の者達は死を迎えると物理的に消滅してしまうのだ

愛玩動物のように人の生活に関わった物にはみられない謎の現象だが解明はされていない

 

信じようと信じまいとー

 

 

 

311: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)17:34:18 id:M8M

信じようと信じまいとー

 

野生動物の危険予知と回避能力は人知の及ばない不思議な能力がある

蝿を見つけ殺そうと殺虫剤を取りに行って戻ってくると忽然と蝿の姿がなくなるというの経験した人も少なくないだろう

アマゾンには危険を感じると一瞬に居場所を移動するという和名トビカタツムリなるものが生息している

地上にいるトビカタツムリが天敵に襲われた時に木の葉に一瞬で「跳び移った」ところからトビカタツムリとされたそうだが、本当にただ跳び移ったのだけなのだろうか。

 

信じよう信じまいとー

 

 

 

315: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)17:46:36 id:M8M

信じようと、信じまいと―

 

ある夫婦が家を新築した。防犯のため玄関にはオートロックやカメラなどが設置されている。

夜、急ブレーキと何かが跳ね飛ばされるような音。防犯カメラにひき逃げの現場が映っていた。

慌てて助けに行く夫。だが外に出ると逃げる車もはねられた人物も見当たらない。

すると家の中でカメラを見ている妻が叫んだ。「その人起き上がってそっち向かってるよ!大丈夫なの?」

 

 

 

316: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)17:46:58 id:hVO

信じようと信じまいと――

 

ニューヨークに住むある男性は、連日奇妙な夢を見るという。

夢の内容は、目の前にある巨大な建物に向かって歩いていくというものである。

ある日、ついにその建物にたどり着いた時に落とし穴に落ちた、という所で目が覚めた。

翌日彼は土汚れに塗れたスーツを着て出勤してきたという。

 

信じようと信じまいと――

 

 

 

317: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)17:48:26 id:M8M

信じようと、信じまいと―

 

初フライトを前に病死してしまったCAがいた。

彼女の同期の同僚が初フライトを終え、乗客を見送っていると、客の老夫婦から不思議なお礼を言われた。

「親切にしてくれた髪の長いスチュワーデスさんによろしくお伝えください。色々話を聞いていただいて。」

その日搭乗していたCAは3名だったが、全員がショートカットで、老人の話す「もう一人のスチュワーデス」の特徴は病死したCAのものと酷使していた。

 

信じようと、信じまいと―

 

 

 

318: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)17:51:56 id:M8M

信じようと、信じまいと―

 

実害が無いため報道されることは少ないが、

視神経と繋がる脳の部位を調べてみると、約300人に一人は赤と青など二つの色が逆に見えているはずだという。

彼らは赤く見えるものが”青”、青く見えるものが”赤”と思い込んでいるため気付くことは少ない。

あなたの視界は、本当に周囲の人と同じだろうか?

 

信じようと、信じまいと―

 

 

 

319: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)17:52:44 id:M8M

信じようと、信じまいと―

 

冷戦当時、古い坑道を買い取り、そこを核シェルターに改造している大金持ちの男がいた。

数十年分の生活物資を溜めこみ、核戦争が起きると自動で入り口を塞ぐ装置も作った。

しかしある日、男が中を点検していると、装置が誤作動を起こして入り口を塞いでしまった。

男はそれを本物の核戦争と信じ、多分今もその中で暮らしているという。

 

信じようと、信じまいと―

 

 

 

320: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)17:54:46 id:M8M

信じようと、信じまいと―

 

「サイコロを振ったときにそれぞれの目が出る確率は1/6である」ことを証明した人はいない。「何度もサイコロを振るうちに限りなく1/6に近づく」ということが分かっているだけである。

『人類がサイコロを振った回数が計100兆回を超えると、それ以降は常に1の目しか出なくなる』

神がそんなプログラムを用意していない保証はない、とある数学者は語る。

 

信じようと、信じまいと―

 

 

 

322: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)18:01:17 id:M8M

信じようと、信じまいと-

 

人間が最初に知覚した色は、血や炎の色である「赤」であったと言われている。

現代においても赤信号など、危険を知らせるものには赤色が用いられる。

最近の調査で、インダス文明の古文書の中に、赤の顔料で記された箇所があることが分かった。

果たして彼らは何を警告しようとしていたのだろうか。

 

信じようと、信じまいと-

 

 

 

323: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)18:04:09 id:M8M

信じようと、信じまいと―

 

ドイツ北部のとある村では、4月3日を「天使の記念日」とし、小さな祭りを行って祝っているという。

その祭りは1786年の4月3日、その村に「天使の羽」が降ったことに由来するものだという。

同地の教会に残る記録によれば、その「羽」はほのかに青みを帯びた白い羽毛であり、

正午を告げる鐘の音と共に降り始め、一帯を雪のように埋め尽くしたそうである。

 

信じようと、信じまいと―

 

 

 

324: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)18:05:09 id:M8M

信じようと、信じまいとー

 

「泣き地蔵」という不思議な地蔵があった。普段は静かな顔つきなのだが、夕方に見ると泣き顔や困り顔に見えるのだ。

泣き顔の時には次の日雨が降り、困り顔のときは雪が降った。何も降らない日は地蔵の顔はそのままだった。

人々は地蔵を見て明日の予定をたてていたが、ある日地蔵が今までに見たことのない満面の笑顔の日があった。

1945年8月5日、広島での出来事である。

 

信じようと、信じまいとー

 

 

 

325: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)18:11:27 id:M8M

信じようと信じまいと―

阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし」。

この歌には天皇家がかつて六甲山に隠した秘宝の所在が暗号で示されているという。

一説には「六甲おろし」に隠されたこの秘宝は「やまたのおろち」に縁のある品、すなわち正史の上では壇之浦に沈んだとされる叢雲剣の真剣であるともいう。

信じようと信じまいと―

 

 

 

327: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)18:16:02 id:M8M

信じようと、信じまいと―

 

1998年、イギリスの民家の倉庫から400年程前のものと思われる設計図が発見された

「自動暦」と題されたその設計図には、奇怪な形をした部品の寸法と、それらの組み立て方が記されていた

とあるエンジニアが設計図をもとに装置の復元を行うと、西暦と日付を表示する機械が出来上がった

しかしこの装置には奇妙な欠点があった。2050年を経過した辺りで歯車が噛み合わなくなり、装置が表示を止めてしまうのである

 

信じようと、信じまいと―

 

 

 

328: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)18:29:55 id:M8M

信じようと、信じまいと―

 

神田神保町古書店には今も古い習慣がある。

厚さ約5cmの表紙も中身も無い白い本を見つからないように本棚へ長い期間隠しておく。

すると、本や客に影響されて、白い本が見たことも無い一冊の奇本へと変化するという。

しかし、期間中に見つけたり見つかってしまうと、たちまち元の白い本へと戻ってしまうそうだ。

 

信じようと、信じまいと―

 

 

 

330: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)18:35:35 id:M8M

信じようと信じまいとー

 

1950年。アイオワの農夫カーネギーは人の良い飲んだくれだったが、飲み過ぎると時折「入電だ!」と口走り、

ユニークな『未来のニュース』を語ったという。ニュースの日付は半世紀以上も先だったから確かめようもなく、仲間たちはNYのビルに飛行機が突っ込むだの、黒人の大統領が生まれるだのという荒唐無稽なホラ話を楽しんでいた。

彼は60年に酒場で心臓発作を起こして死んだが、死の間際に友人たちは彼が「2015年以降、入電無し!」と叫ぶのを聞いたという。

 

 

 

331: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)18:38:04 id:QPa

信じようと、信じまいと―

 

30年ほど前、ある男にロアが回ってきた

男が紙にロアを書こうと、バッグからペンを取り出し机の上を見ると、さっきまであったはずの紙が無くなっており、後ろのドアが開いていたらしい

その翌日、男は強盗殺人に合い死んでしまったという

 

信じようと、信じまいと―

 

 

 

332: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)18:40:04 id:M8M

信じようと、信じまいと─

 

イギリスのドッジスンヒルという田舎町で殺人事件が起きた。

記録によると107年ぶりの殺人事件だそうで、町はちょっとした祭になった。

ヤードの刑事が来ると、住民が次々に「私が犯人だ!」と名乗り出るほど盛り上がったらしい。

しかし真犯人はすぐに見つかった。ただ1人、名乗り出てこなかった男が犯人だったのだ。

 

 

 

333: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)18:46:46 id:M8M

信じようと、信じまいと─

 

イギリスの片田舎に住む女性は、ミニチュアの模型を作ることを趣味にしている。

数週間かけて作り上げた自分の住む村のミニチュアを眺めていた時、作った村の中に無数の黒いものが蠢いているのを見つけた。

それを何とか捕まえて持ち上げてみると、細い糸で作られた何かだった。

虫だと思ってそれを全て取り除いた後、彼女は村に誰も居なくなっていることに気がついたという。

 

信じようと、信じまいと─

 

 

 

336: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)18:50:51 id:M8M

信じようと、信じまいと―

 

1995年8月、日本近海で泳いでいた小学生の男の子が漁船に救助された。男の子が言うには学校で開放されているプールに飛び込んだ矢先、後ろからエンジンの唸る音が聞こえたので顔を上げたらなぜか海にいて、そのまま漁船に拾われたそうだ。 

同様の事件が過去に4度記録されているが、いずれの生徒もゴーグルを忘れて目をつむったまま飛びこんだと話している。

 

信じようと、信じまいと―

 

 

 

341: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)18:55:01 id:hVO

信じようと信じまいと――

 

神の声というものを聞いたという人間は数多くいる。

その中で、神を殺したという者すらいるという。

ある男は神の後継者として選ばれたというが、彼はそれを拒否し、

愛するものと生きるために神の機能を停止させてしまったらしい。

 

信じようと信じまいと――先頭を行くのは、いつもあいつ!

 

 

 

345: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)19:01:59 id:M8M

信じようと、信じまいと―

 

江戸時代初期の武将、加藤清正は、、当時の築城防御技術の粋を集め、熊本城を築城した。彼は城内に銀杏を植えた時、

「この銀杏の木が天守と同じ高さになった時にこの城で兵乱が起こる」とつぶやいたという。明治時代初期、加藤清正が植えた銀杏の木は、

天守とほぼ同じ高さになった。西南戦争が起こり、熊本城下はまさに戦場となった。 西郷軍約2万は、明治政府軍が籠る熊本城に猛砲撃を加え、

銃撃を加えながら突撃したが、300年前の鉄壁の防御策を破れなかった。加藤清正は未来を予知し近代戦対応の頑強な城塞を築いたのか?

 

信じようと、信じまいと―

 

 

 

346: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)19:02:03 id:XTh

信じようと、信じまいとーー

 

1985年アメリカのオンタリオ湖で男の首吊り死体が発見された

身元はすぐに特定されて遺体に外傷もなく事件性のない自殺として処理された

しかし彼がどうやって水深10mの水中で首を吊ったのかは誰にもわからなかった

 

信じようと、信じまいとーー