RETRO少年の懐古録

ミステリー、ホラー、サイエンス、サスペンス、SF、怖い話……

【怖い話】井戸

小学校低学年のことだったと記憶している。

 

○○地区のどこかにあると言う井戸に、幽霊が出るという噂が広まった。

 

幽霊、UMA、UFOなど、超常現象に興味をそそられる年頃の私たちは、沸き立った。

 

井戸ってどこにあるの?

本当に幽霊出るの?

なんかいわくがあるの?

……

 

私たちの歓喜と興味の矢面は、○○地区出身の同級生達に向けられた。

しかし、ノリの良いはずの彼らは皆、口を揃えて言った。

 

「知らない」

「井戸なんてないよ」

 

子供心ながら、何かを隠しているような口振りだった。

 

それからしばらくして、どういうわけか、井戸の話はタブーとなり、口に出してはいけないこととなった。

先生に言われたわけでもなく、保護者に言われたわけでもなく……

 

これまたおかしなことに、理由も根拠もなく「井戸の話はしてはいけない」という事実のみが蔓延したのである。

 

今になって思う。

明らかに、何者かによって、厳密な情報統制が敷かれたのではないか……と。

 

それから月日が経ち、高校生の時だった。

 

○○地区にある友人の家を訪れていた私は、ふと、奇怪だったあの出来事を思い出し、友人に訪ねた。

 

「あの井戸って何だったの?」

 

友人は、特に嫌がる様子もなく、言った。

 

「いや、俺たちもよく分からないんだよね。でも、確かに何かおかしかったよ、あの出来事は。隣の家のおじさんなら何か知ってるかも」

 

丁度その時、隣の家のおじさんが外へ出ていたため、友人と私はおじさんの元へ行き、当時のことについて尋ねた。

 

「ああ〜井戸は確かにあったけど、もう埋めちゃったよ。幽霊? そんなのは知らないね? 特にいわくもないと思うよ」

おじさんは軽くそう言った。

 

ここで終われば良かったのだが。

 

おじさんから離れたその時、近くで遊んでいた小学生くらいの子が、私たちに言った。

 

「井戸の場所知ってるよ?教えてあげる」

 

私たちはその子に連れられ、住宅街の中に佇む、林の中に踏み入ろうとしていた。

その時だった……!

 

「ゴラア!!!」

 

閑静な空間を切り裂く、怒号。

先程のおじさんが、顔を真っ赤にして走ってくるなり、その子に怒鳴り散らした。

 

「行ぐんじゃねえよ!!!」

「行ぐんじゃねえっつってんだよ!!!」

 

私たちはその剣幕に恐怖し、そそくさと退散した。

 

一体、何故なのだろう。

 

埋められているはずの井戸というものは、そんなに危ないモノなのだろうか?

林というだけで、そこは特に危険地帯というわけではない。

 

明らかに異常だった。

 

間違いなく、○○地区の井戸には何かある。

そしてあのおじさんは、必ず何かを隠している。

 

以降、特に進展はない。

井戸があったと思われるあの林も、いつのまにか切り拓かれて空き地となっていて、一度訪れたが、井戸やその跡地などは見当たらなかった。

 

一体、何だったのだろうか?